【MHX】敢えて言いたい。ガンランスのヒートゲージ、もう要らないんじゃないかと。

ずーっと心の底で思っていました。これ、いらなくね?と。

今回は、モンハンクロスで新たに導入された、ガンランスのヒートゲージについての、個人的な感想を書いていきます。

ヒートゲージ導入のメリット

ヒートゲージにより、ガンランスの火力を、通常より高く維持することが可能になりました。

ヒートゲージは簡単に言うと、砲撃を行うことで、黄色→オレンジ→赤と変化していき、赤の状態のときが、一番攻撃力が高くなるというものです。

また、オーバーヒートによる、ヒートゲージの固定も可能で、上手くやればずっと高火力まま戦うことができます。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

じゃあデメリットは?

これは、かなり考え方に個人差があると思います。

私の場合、まず、戦闘中にヒートゲージに気をつかうということ自体、かなりめんどうに思うようになってきました。

ヒートゲージを振り切るような砲撃をしてしまうと、それだけでオーバーヒートになってしまい、竜撃砲も使えない。狩技「竜の息吹」があればリカバーできますが、いつでも使える状態とは限らない。

かといって、戦闘中に砲撃できるときに、ヒートゲージを気にして砲撃を出さないなんてことになると、これもなんか違うような。

私、過去作まではモンスターと遭遇したら、まず挨拶代わりに竜撃砲をぶち込んでたんですが、それもできない。いや、できるんですけど、その時点でヒートゲージが黄色で固定されちゃうし。

たぶん、ヒートゲージが黄色の状態だと、過去作のガンランスよりは、攻撃力が劣っている状態だと思われます。オレンジや赤色で戦って、やっと今までと同じような火力かと。検証はしてませんが。

何を言いたいかというと、ヒートゲージを気にして、ガンランスとしてやりたいことができなくなるというのが、最大のデメリットなんじゃないかなということです。

次回作からはヒートゲージなしでいいですよ

すごく上手い人だと、このシステムを使いこなして、高い火力を取っていくんでしょうけど、私のレベルではなかなか使いこなすのが難しく感じます。

せっかく、火力を上げるシステムのはずが、なんか逆に縛られているような気がして、違和感を感じずにはいられません。まぁ、慣れれば変わるのかもしれませんが…

と、いうわけで、次回作からは、今までどおりのガンランスに戻ったらいいなぁと思っています。たぶん戻らないんでしょうけど。

もしMHXGみたいなのが出るなら、ストライカースタイルだけでもヒートゲージなくしてほしいですなぁ。あ、でもそれだと竜の息吹の意味がなくなっちゃいますね…

まとめ

なんか、ほとんどヒートゲージへの不満ばかりになってしまいましたが、要は、私には難しくて使いこなせませんという話ですな(笑)

でも、ガンランスは好きなので使い続けますよ!

それでは、楽しいハンターライフを!あぽとら(@t_apotora)でした!

★関連記事
【MHX】「竜の息吹」は本当に装備するべきか?(ガンランスの狩技考察)

【MHX】会心率が30%上がるスピード猟虫「オオシナト」と「メイヴァーチル」の育て方

【MHX】お手軽で万能!操虫棍「闇鎌棍【夜凪】」用の装備を作ってみたよ!

【MHX】狩技「覇山竜撃砲」はストライカースタイルに切り札を発動させて使え!(ガンランスの狩技考察)

【MHX】上位お手軽双剣装備「スパイオS装備」×「黒狼姫のグンセン」&「傷刃フルスカード」でパーティ戦にも貢献できます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です