飛行機が間近に見える関空スカイデッキで子どもと満喫してきた話

子どもって乗り物大好きですよね。

うちの子は長男が2歳半になりますが、電車と飛行機を見るといつも「見て!見て!電車!飛行機飛んでる!」という感じで興奮しまくりです。

それならもっと近くで見せてあげたいなぁと思い、関空にある飛行機の見える公園「スカイデッキ」に行ってきました。

関空展望ホールの屋上にある公園

場所は関西国際空港の中の、関空展望ホールという建物の屋上にあります。

建物の屋上なので、正直公園というにはちょっと狭いのですが、一応遊具もあります。

今回は平日に行ったので、人はガラガラでしたが、休日だともう少し混雑するのかもしれません。

まぁでも、この遊具はおまけみたいなもんです。

メインは飛行機。この公園は、関空の滑走路から次々に飛び立つ飛行機が、ちょうど近くに見える位置にあるため、子どもはほとんどそっちを見て楽しんでいました。

飛行機が飛んでいく頻度もかなり高く、5分に1機くらいのペースで飛んでいたような気がします。

よほど良い場所なのか、一眼レフカメラを装備したおじさんたちが数人、ベンチを陣取っていました。

私も普段あまり飛行機に乗らないので、こんな間近でたくさん見れるのは、なかなかおもしろかったですね。

スポンサーリンク

レストラン・カフェもあり

当然のことながら、レストランやカフェも展望ホールの中にあるので、そこで食事もできます。

私たちはこの日、お弁当を持参して、カフェのとなりにある休憩スペースで食べました。

空港の食事ってけっこうお金いるんですよね。。

ここからも飛行機が見えるので、長男も喜んで食べていましたよ。

屋内にも遊べる場所がありました

展望ホールの中には、スカイミュージアムというところがあります。

ここは、空港や飛行機のことを、色んな体験をしながら学ぼう!的な施設で、子どもでも大人でも楽しめそうな感じでした。

うちの子たちはまだ小さいので、スカイミュージアムの入り口近くにあった、キッズスペース?みたいなところで遊びました。

中には飛行機の形をした柔らかい遊具などがあり、ここもかなり気に入っていたようです。

ここは床にも柔らかいマットを敷いてあるので、赤ちゃんでも遊べます。8か月の次男もテンション上がってハイハイしてました。

まとめ

とりあえず、飛行機が近くで見えるだけでも子どもが喜んでくれたので、またそのうち連れて行きたいなと思います。

お金も高速代と駐車場代だけなので。

たぶん休日だと混みそうなので、また平日かな…


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です