奥さんが妊娠したらまず読もう!自分らしくイクメンになる「和歌山男の子育て指南本」は全国のパパにオススメ!

イクメンというワードが浸透してきて、もう何年くらいになるんでしょうか。今や、男が子育てをするのは、珍しくもなんともない時代になりました。

 

初めての出産・育児はわからなくて当たり前

とはいえ、やはり初めて子どもが生まれて、何から手を付けて良いのかよくわからない!というのも、よくわかります。

私もそのうちの一人で、子育てをやりたい気持ちはあるけど、何から勉強したらいいんだ?本買って読むにも、たくさん種類がありすぎて、どれが良いのかよくわかん!となっていた時期がありました。

いきなり、教科書みたいな分厚い本を買っても、最後まで読むかどうかわかんないし。

和歌山市がパパ向けのガイドブックを発行

そんな、わがままな私にピッタリの本が、和歌山市で発行されていました。なんだ、いいのあるやん!こういうのが欲しかったんです!

私がもらったのはこれですが、今は改訂版が出ています。和歌山市のサイトで、電子ブック版も見ることができますよ。
父親のための育児ガイドブック『和歌山市 父子手帳~和歌山 男の子育て指南本~』改訂版

男目線で書いているから、すぐ読めてわかりやすい!

この「和歌山男の指南本」は、よくある育児本と違い、量も40ページほどで、雑誌のような感覚で読めます。

中身も、男目線で出産・子育てへの関わり方を書いていて、共感できる内容も多かったです。

出産・子育てについて、男なら少なくとも、これだけは理解しとけよ的なことを網羅していますので、入門書にはピッタリのガイドブックですね。小さくコンパクトなので、私はいつも持ち歩いているくらいです。

和歌山に住んでいない人にもおススメ!

中には、地元の保健所の連絡先とかは書いてますが、これから出産・子育てをむかえるお父さんにとっては、全国共通の基本的なことを書いているので、本当に誰にでも読んでもらえる内容かと思います。

これは和歌山市以外でも発行するべきですな。

遠方の方で入手したい場合は、一度、和歌山市の子育て支援課に問い合わせてみてくださいね。

以上、新米パパのあぽとら(@t_apotora)でした!

★関連記事
アップリカのチャイルドシート「ディアターンプラス」の使用感、レビューなど

家族で子どもの写真や動画を共有できるアプリ「みてね」がいい感じ!

【育児アイテム】AKOAKOスリングを買ってみたら、リアルに息子と嫁の機嫌が良くなった話


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です