赤ちゃんの鼻水対策に電動鼻吸い器が超便利!もっと早く買っておけばよかった・・・

冬の時期はどうしても風邪やウィルスが流行ってきます。

うちは、上の子が2歳になったばかりで、下の子がまだ3か月。

厄介なことに、最近どちらもRSウィルスに感染してしまい、咳は止まらんわ鼻水じゅるじゅるになるわ親にも感染するわで、かなりカオスな状況になっております。。

特に鼻水がやっかい

病院に連れて行くと、いつも鼻水の吸引をしてくれるのですが、ちょっと時間が経つとまたすぐに出てくるんですよね。

鼻水をずっとほっておくと、寝る時も息ができずに苦しそうだし、中耳炎を併発することもあるようです。

大人のように鼻水を自分で出せればいいのですが、まだ小さいのでそれもうまくできません。

そこで、家でも子どもの鼻水を吸えるように鼻水吸い器を購入することにしました。

口で吸う鼻吸い器

我が家で購入したのは、大人が口で吸うことによって、子どもの鼻水をとるタイプのものと、電動で動く鼻吸い器の2つです。

口で吸うタイプのやつはこちら。

その名も「ママ鼻水トッテ」。もちろんパパも使えます。

使い方も簡単で、子どもの鼻にチューブの先を入れて、もう片方のチューブから口で吸い取るだけ。

間に鼻水を受ける容器があるので、親が直接鼻水を吸うことはありません。

お値段も手ごろですが、けっこう吸うのに力がいります(笑)

電動鼻吸い器

こちらは、先ほどのタイプと違って、電動で吸い取ってくれます。超ラクチン。

Amazonで、長めのノズルが付いているタイプがあったので、そちらを購入。

口で吸うタイプのものより、少し値段は上がりますが、水で簡単に洗えるし、とても使い勝手が良いです。子どもの鼻の奥から「ジュルジュルじゅる~!!」と出てくるのは見ていて気持ちいいw

同じところを吸っても出てこないときは、ちょっと角度を変えたりして動かしてみると、上手く取れたりします。

あまり突っ込みすぎると、子どもの鼻を傷つけるので注意が必要です!

また、鼻水を吸うときは、子どもがものすごい勢いで暴れまわるので、必ず二人以上でやることをオススメします!一人は子どもの顔と手足を押さえつける感じで。

今までも、子どもが風邪を引いたりしたときは、鼻水で苦しそうにしていることが多かったので、もうちょっと早めに買っておけばよかったですね。

以上、あぽとらでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です