【先フル】フルーツは食前に食べる方が効果的!和歌山県紀の川市のフルーツ博覧会に行ってきたよ

和歌山県紀の川市でフルーツ博覧会というイベントが開催されているということで、ちょっと気になって行ってみました。


このイベントは、その名のとおりフルーツをテーマにした交流イベントです。中でも面白かったのが、フルーツ研究家の中野瑞樹さんのトークショーでした。

身体を張ってフルーツ研究

私はイベントに行くまで知らなかったのですが、中野さんはなんと研究のために6年間フルーツしか食べていないそうです。水も飲んでません。全部フルーツで栄養を摂っています。

TBSの「マツコの知らない世界」という番組に出たこともあるようで、結構有名な方みたいです。さすがにフルーツしか食べないとなると、身体に悪いのでは?と思うのですが、今のところ大丈夫なようです。

フルーツは食前に食べる「先フル」を推奨

中野さんがおススメしているのは、フルーツを食後に食べるのではなく、食前に食べる「先フル」。たしかに、フルーツといえばデザート感覚で食べるので、食後に食べる場合がほとんどでした。

フルーツに含まれている酵素を先に摂取することにより、後から食べる食事の分解・消化を助けてくれます。

また、フルーツには食物繊維も含まれているため、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるそう。ビタミンやミネラルが豊富で、新陳代謝を促進させる効果もあるとのこと。

逆にフルーツを食後に取ると、先に食べた食事により血糖値の上昇が始まっているので、太る原因になってしまうようです。

まとめ

今まではフルーツを食後に食べていたので、これからは「先フル」を試してみたいと思います!

ちなみに中野さんがフルーツしか食べていないのは、あくまでも研究のため。真似することはおススメしていません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です