【和歌山】コメダ珈琲にも行ってみたよ!マサキ珈琲とは一切関係はないそうです。

前回、和歌山にできた「マサキ珈琲」というお店に行ってみたという記事を書いたのですが、どうやら「コメダ珈琲」に似ている!と密かに話題になっているそうです。


コメダ珈琲は愛知県名古屋市の会社「株式会社コメダ」(1968年創業)が経営するコーヒーショップです。お店は全国に展開しており、和歌山では和歌山市、岩出市、御坊市、橋本市、新宮市に支店があります。

私はまだ行ったことがなかったので、どれくらい似ているのか気になり、実際に行ってきました。

お店の雰囲気

私が行ってきたのは和歌山市大谷店です。お店の外観はこんな感じ。ちょうどハローウィンの季節でしたので、色んな飾りがしてありました。

中はこんな感じです。ちょうどお昼時で人が多かったので、上手く撮れませんでした。

外装・内装については、特にマサキ珈琲と似ているようには感じませんでした。どちらも普通の落ち着いたカフェという感じです。

メニューの量は普通だけど、やっぱりボリュームが凄い

メニューを見てみると…むむむ。どこかで見覚えがあるような。

とりあえず注文してみました。やっぱり基本的にデカいです。これはミックスジュース(480円)。

ミソカツサンド(780円)。美味いけど、一人で食べきるのは結構きついと思います。

珈琲はちゃんと普通のサイズ(400円)。500円で大きめのサイズも頼めます。

どれも美味しかったのですが、ミソカツサンドに入っているカツはかなり油が乗っていて量も多いので、2人で1個注文するくらいで十分かなと思いました。それから、中にちょっとだけピーマンが入っていたので、苦手な人は抜いてもらった方が良いと思います。私は知らなかったので食べてしまいました。。

デザートも注文したかったのですが、ミソカツサンドでお腹いっぱいになってしまったので、メニューの写真だけ。

まとめ

コメダ珈琲もカフェでありながら、かなりがっつり食べられるお店でした。分煙もきっちりされています。

まぁ感じ方は人それぞれですが、マサキ珈琲とコメダ珈琲を比べると、外装・内装は特に似てないけど、メニューがかなり似ているなぁと感じました。

ちなみにコメダさんはHPでマサキ珈琲とは一切関係ないことを公表しています。以上、コメダ珈琲についてでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です