会社に行かずに家で仕事ができたら、腰痛持ちでも全然問題ないなぁと思った話

こんにちは、椎間板ヘルニア持ちのあぽとら(@t_apotora)です。

季節の変わり目くらいに腰痛がやってきます。ちょうど年に4回くらいのペースです。

腰痛で悩んだことがない人は分からないかもしれませんが、ほんとに酷いときは、座ったり、立ったりするごく普通の動作がめっちゃしんどいんです。

 


私は今の会社では基本的に事務仕事がメインです。しんどくても会社に辿り着けさえすれば、だいたい何とかなるんですが、動き回る仕事の人なんかはホントどうしてんのかなって思います。

腰痛持ちには在宅ワーク的なものが最強だと思う

年に4回来る腰痛のタイミングでよく思います。会社に行かずに家で仕事ができたら楽なのになぁと。

そんなにしんどければ会社休めよ!っていうのもあるんですが、色々重なって休めない日もあるんです。最近も腰痛でほぼまともに歩けない日があったので休みたかったんですが、会議やら締め切りやらの関係で無理やり出勤しました。

こういう時に出勤せずに仕事ができる人って、やっぱり強いなぁと思いますね。仕事場が会社じゃなくて、家って感じの人。もっと言うと、家でもどこでも仕事を持ち歩ける人。

会社に行かないと仕事ができない人って、身体壊しちゃったときが大変なんですよね。

具体的にわかりやすいところで言うと、ネットでよく出てくるYouTuberやプロのブロガーさんとかですね。あの人たちって本当にすごいなぁって思います。これからは、ああいうお金の稼ぎ方をする方がどんどん増えてくるような気がします。

専業じゃなくても、サイドビジネスとして取り組んでいる人は既にいっぱいいますしね。

何でも好きなことから始めれば良いと思う

個人的な希望としては、ゲームの実況動画やプレイ動画に対して報酬を支払う仕組みが一般的になってくれると嬉しいですね。

既にYouTubeやニコニコ動画で稼いでいる方はそこそこいますが、メーカー側で動画配信を許可しているところはまだ少ないです。

最近では、任天堂がニコニコ動画でクリエイター奨励プログラムに対応するタイトルを発表しました。あの発表があってから、実況動画を始めてみた方も多いと思います。

本気で稼ごうと思えば、それなりに時間と労力は必要になりますが、まずは好きなことからチャレンジしてみるのが良いと思います。やってみると結構楽しいもんです。

私もゲームプレイ動画をいくつか作っていますが、だれかと一緒に実況動画を作ったりもしてみたいですね。一人でしゃべるのは苦手なんで…

継続してやることが一番難しいんじゃないかと思う

好きなことをやるっていうのは、それを継続させるためでもあります。限られた時間の中で、好きでもないことをやるのって、なかなか続かないんですよね。

さらに好きなことだったら、別にお金にならなくてもそこまで気になりません。なったらなったで嬉しいんですけどね。ゲーム自体が好きなんで、それだけで楽しかったりします。

以上、腰痛で苦しんでいる間に在宅ワークについて考えたことでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です