【MHX】懐かしのココット村が登場!施設も充実しているようです。

懐かしいといっても、その頃はまだプレイしてなかったので、弟からの昔話が主な情報源でした。無印の頃は施設もほとんどなかったそうです。

モンスターハンタークロス公式サイトから引用)

ココット村とは?

無印、MHG、MHPまで拠点としていた村です。主人公のハンターは、もともとこの村の出身であるという設定。

また、ココット村には竜人族の村長がいます。昔は凄腕のハンターだったようです。

私はMH3から始めたので、別の大陸にあるモガの村が拠点でした。ココット村のデザインを見た感じだと、今まで見てきた他の村より田舎(?)という印象を受けました。

ココット村の施設

マカ錬金の蔵

所持している護石を使って、別の護石を生産してくれます。護石とは、スキルポイントのついた装飾品です。クエスト中に手に入る「~のお守り」というアイテムを鑑定することで手に入ります。

レアランクの高い護石になってくると、付いてくるスキルも良いものが多くなってきます。ガンランス好きの私としては、砲術やガード性能がついた護石が出るとすごく嬉しい。

おそらく、MH4で登場したシナト村のマカ錬金と同じ施設かと思われます。

オトモ雇用窓口

オトモアイルーの斡旋をしてくれる施設のようです。オトモの毛並みや声、耳の形などを好みで選択し、それに合ったオトモアイルーを紹介してくれます。

アイルー屋台

クエスト前にご飯を食べるところ。ご飯を食べることによって、体力やスタミナの増やしたり、食事スキルを付けたりできます。クエストに臨む前には必ずご飯を食べるクセを付けましょう。そうすれば、私のようにオンラインでこっそり秘薬を飲むことは無くなります。

まとめ

モンハンの原点ともなっている村が登場するのはすごく楽しみです。新しく登場するベルナ村との位置関係はどのようになっているのでしょうか?

以上、モンハンクロスで登場するココット村についてでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です