【モンハン】初心者ハンターはスキル「回避性能」をつけてはいけません。

初心者のうちは「回避性能」を付けるのはやめましょう。これはモンハンシリーズ全般を通して言えます。

スキル「回避性能」とは

モンハンクロスで、スキルのシステムがどうなっているのか現時点では分かりません。しかし、大幅な変更がなければ、回避性能のスキルも無くなることはないでしょう。

回避性能のスキルを発動させることによって、回避行動時の無敵時間を長くすることができます。

回避性能のスキルがない場合、通常回避の無敵時間は約0.2秒です。回避性能+1を発動させた場合、その無敵時間が約0.33秒となります。MH4以降の回避性能は+3まであり、無敵時間の延長は以下の通りとなっています。

回避性能なし:約0.2秒
回避性能+1:約0.33秒
回避性能+2:約0.4秒
回避性能+3:約0.6秒

回避性能+3まで発動させると、ほぼ回避を連打しているだけで、ほとんどのモンスターの攻撃を避けることができます。

初心者が「回避性能」を付けない方が良い理由

通常回避の無敵時間を使ってモンスターの攻撃をかわすことを「フレーム回避」と呼んだりしますが、モンハンでは、とっさのフレーム回避が重要になってくる場面があります。

モンスターの攻撃を避けるための一番簡単な方法は、攻撃範囲の外に逃げることです。しかし、逃げてばかりではモンスターを倒せませんので、攻撃するために近づきますよね。近づいているときには、フレーム回避でしか攻撃を避けられないタイミングが必ずやってきます。

具体的には、リオレイアの尻尾攻撃などがイメージしやすいでしょうか。ぐるっと180度回転してくるアレです。

回避性能のスキルを発動させていれば、無敵時間が長いので、フレーム回避をしやすくなります。しかし、最初から回避性能を付けていると、本来フレーム回避をするタイミングが分かりづらくなってしまうのです。

タイミングが分からないまま回避性能を付けていると、ほぼ回避性能を外さずにはいられなくなります。そして、結果的に回避が下手くそなハンターになってしまいます

回避性能って結構中毒性があるんですよね。

ある程度回避性能を付けずにフレーム回避のタイミングを覚えて、それからスキルを付けるのであれば全然アリです。どれだけ上手い人でも、全ての攻撃を完璧に回避するのは無理ですから、それを補うという感覚で付けるくらいがちょうど良いと思います。

まとめ

とにかく、最初は回避性能を付けずにボコボコにやられてください。その方が確実に上手くなります。

かく言う私は未だにフレーム回避が下手くそなので、ガンランスでガチガチにガードを固めて戦うのでした…


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です