【MHW】マルチプレイで輝くスキル「広域+早食い」装備を作ってみたよ!

先日までアステラ祭、マム・タロトの調査と、大きなイベントが続いていたモンハンワールド。

そんな中でマルチプレイを初めてやったよ!って人も多いのではないでしょうか。

今回はそのマルチプレイで役に立つスキル「広域」「早食い」を組み合わせた装備を紹介します。

「広域+早食い」でできること

まず、スキル「広域」ですが、これは自分が使ったアイテムの効果を、味方にも与えるというもの。

スキルレベルは5段階まであり、レベルが上がるほど、与える効果や範囲が広がります。

レベル5まで上げると、なんと、アイテムの効果がそのまま全部味方に乗ります。

これ、正直すごく強いんですよね。回復薬Gを飲めば、そのまま味方も同じ量回復しちゃいます。

当たり前ですが、ソロではほとんど効果はありません。

スキルを発動させるためには、広域スキルのついた防具を装備するか、装飾品「友愛珠」を装備します。

装飾品のスロットは1枠だけなので、お手軽に発動させることができます。

「友愛珠」については、レアな装飾品ではないので、歴戦クエストをそこそこやっていれば普通に集まっているでしょう。

スポンサーリンク

次に、スキル「早食い」ですが、アイテムを食べたり飲んだりするスピードを上げるというもの。

すごく地味なスキルに見えるんですが、これがなかなか便利なんです。

スキルレベルは3段階あり、レベル3まで上げると、回復薬Gを飲む速度が、普通に秘薬を飲むくらいの感覚で使えるようになります。

発動させるには、装飾品の早食珠を3つ、スロットに装備するのが一番お手軽だと思います。

装飾品もレアじゃないので、たぶんお手元に余っていることが多いでしょう。

以上2つのスキルを組み合わせることによって、クエスト中に素早く味方を強化したり、回復させたりすることが可能になります。

特に、戦闘は苦手だけど、味方をサポートすることならできるぞ!って方にはオススメのスキル構成。

個人的な体感ですが、広域を付けた人がメンバーに一人いれば、強いモンスターでもかなり楽になるし、失敗する確率を減らすことができると思います。

狩猟笛でも同じようなことができますが、まず笛を使いこなすのが難しいですからね。。

イベント防具と大剣を使った「広域+早食い」装備

せっかくなので、イベント防具「ブロッサムシリーズ」とイベント大剣を使って装備を組んでみました。

ブロッサムシリーズは、過去作のブナハシリーズと似たような見た目をしていて、個人的にすごく好きなんですよね。

ちなみに私は、装備は見た目から入るタイプ。

というわけで、組んでみたのがこんな感じ。

ブロッサム2箇所だけやんけ!ってのは置いといてですね、、なるべくスロットが多い防具を使い、先ほど紹介した広域と早食いの装飾品を、レベルMaxになるまで詰め込みました。

見た目は、まぁ個人差があると思いますので。私としては、そこそこスマートに納まったかなと…

スキルは弱点特攻レベル3と匠レベル3が発動しているので、最低限火力も出ます。

基本的な広域の使い方としては、まず味方の体力ゲージが減ったら、回復薬Gをがぶ飲みします。

ここで注意なのですが、秘薬は広域スキルが乗らないので、必ず回復薬Gを飲みましょう。調合用のハチミツもお忘れなく。

また、鬼人薬怪力の種なども広域スキルが乗るので、隙を見て飲んでおくと良いですね。

あと、強走薬があれば、双剣や弓使いの人には喜ばれると思います。

クエスト中に上手く味方をサポートすることができていれば、クエスト後のリザルト画面に、「助太刀の達人」が表示されるはずなので、ぜひ頑張ってみてください!

以上、あぽとらでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です