【MHW】水属性鑑定弓「ガイラアロー・水」で属性特化装備を組んでみたよ!

属性弓シリーズ第二弾です。

今回は水属性の弓装備を作成してみましょう!

使用する武器は、マム・タロトのクエストから入手できる鑑定武器「ガイラアロー・水」です。

ガイラアロー・水がない場合は、生産武器の「ブレイブハンターボウⅡ」も似たような性能なので、そちらでもOK。

「ガイラアロー・水」のスペック

  • 攻撃力:228
  • 会心率:0%
  • 属性:要解放で水属性390(画像は属性解放後のもの)
  • スロット:3枠が1つ
  • 装着可能なビン:接撃、麻痺、毒
  • カスタム強化:1回

属性解放こそ必要にはなりますが、非常に高い水属性値390が光ります。

今作では属性解放のついた優秀な防具があるため、比較的容易に組み込めるのが良いですね。

カスタム強化は1回なので、生存優先なら回復カスタム、火力重視なら会心カスタムがおすすめ。



「ガイラアロー・水」装備例紹介

  • :エンプレスセクターβ
  • :レウスメイルβ
  • :リオソウルアームβ
  • :エンプレスコイルβ
  • :キリンレガースβ
  • 護石:体術の護石Ⅲ
  • 武器:ガイラアロー・水

今回の属性弓シリーズでは、2種類のシリーズスキル火竜の奥義(会心撃【属性】)炎妃龍の恩寵(スタミナ上限突破)を採用しています。

そのため、レウス2種、エンプレス2種は確定。あとは属性解放のために、キリン装備を足しました。

発動スキル・装飾品

体術レベル5、水属性攻撃強化レベル3、属性解放レベル3、弱点特攻レベル3、回避距離UPレベル2、整備レベル2、通常弾・通常矢強化、集中レベル1、弓溜め段階解放、スタミナ上限突破、会心撃【属性】が発動しています。

装飾品は、強弾珠×1、解放珠×1、強弓珠×1、流水珠×3、痛撃珠×1、体術珠×2を使用。

レア珠のうち、強弾珠は無くてもそこまで問題ありません。解放珠がない場合が多いかもしれませんね…

ない場合は、シリーズスキルのうち、スタミナ上限突破をあきらめて、他のマム・タロトやキリンγなどの防具を使うと属性解放レベル3まで発動させることができると思います。

スキル解説

前回のジャナフアルカウスⅢの記事でも解説したとおりですが、体術スキルは弓では必須になります。

紹介した装備では、体術レベル5まで付けていますが、レベル3まで落として強走薬を飲むというやり方でもOK。

水属性攻撃強化はレベル4まで上げることができますが、切り捨てられる数値があるのと、レベル3でも十分強いため、3で止めています。(というかスキル枠足りない)

弱点特攻レベル3も会心率を確保するために確定。

あと、地味に回避距離レベル2を付けていると、チャージステップでのフレーム回避が成功しやすく感じています。あくまで私の体感ですがw

咆哮なんかをスルっと避けれるようになるとカッコいいですね!

また、前述しましたが、通常矢強化のスキルは、無ければないで良いレベルだと思います。

「ガイラアロー・水」を担ぐモンスター

  • トビカガチ
  • アンジャナフ
  • ドスギルオス
  • ジュラトドス(泥纏い時)
  • ボルボロス(泥纏い時)
  • クルルヤック
  • ゾラ・マグダラオス
  • ウラガンキン
  • ヴォルガノス
  • テオ・テスカトル

水属性が弱点のモンスターって意外と多いんですよね。

特にウラガンキンやヴォルガノス、テオなんかには良く使うんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は、水属性弓「ガイラアロー・水」を使った属性特化装備の紹介でした。

装飾品の難易度が少し高いのがネックですが、水属性が弱点のモンスターには非常に強い弓なので、是非使ってみてほしいですね。

以上、あぽとらでした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です