【MHW】歴戦王ヴァルハザク攻略はガンランスに瘴気耐性レベル3つけとけば何とかなるという話

歴戦王キリンに引き続き、第二弾として歴戦王ヴァルハザクが登場しました。

ヴァルハザクといえば、瘴気を使った攻撃が厄介な大型の古龍です。

今回は歴戦王ヴァルハザクをできるだけ簡単に討伐するために、対策装備を考えてみたいと思います。

武器は何が良いのか?

個人的にヴァルハザクはどの武器でも相性が悪いというのは無いと感じています。

なので一番慣れた武器で大丈夫。

ヴァルハザクの動きが良く分からないし、プレイスキルに自信がないよ!ってハンターさんにはガンランスをおススメしています。とりあえずガードしてればやられることはないので。

【MHW】下手でもできる!ガンランスの使い方・立ち回り解説

2018.03.09

スポンサーリンク

歴戦王ヴァルハザクの変更点

ヴァルハザクのモーション自体に変更はありませんが、クエスト開始時の配置場所が違います。

初期位置がここ。

見てもらったら分かるように、ヴァルハザクの他に、オドガロンが配置されています。初期位置的にすぐに合流する場所となっており、ちょっとめんどくさい。

また、ヴァルハザクから出てくる瘴気による削りダメージが、かなり強くなっている印象でした。

それから、起きた状態から撃ってくるその場で拡散するブレスですが、3ヒット判定に増えています。

あとは、寝床が酸の水の中になっていた・・・なんか色々めんどくさくなっているw

対歴戦王ヴァルハザク用スキル

まず、ヴァルハザクはキリンなどと比べて、強い属性攻撃をしてくるわけではありません。

その代わり、前述のとおり、常に瘴気を使った攻撃をしてくるので、主にその対策をしていきます。

必須スキル

  • 瘴気耐性レベル3

ぶっちゃけ必ず発動させたいのはこれくらい。

装飾品の耐瘴珠3つで発動できます。レアな装飾品ではないので、普通に歴戦モンスターを倒していればそのうち集まっているはず。

ヴァルハザクの瘴気を浴びていると、そのうち瘴気やられになり、体力ゲージが半分になってしまいます。

そのままほっておくと、ヴァルハザクの瘴気吸い込みで体力をどんどん吸い取られていきます。。ラフィノスとかギルオスみたいに。

ウチケシの実や解除の煙筒で回復はできますが、それをいちいちやるくらいなら、瘴気耐性レベル3を付けて瘴気やられにならないようにする方が手っ取り早いです。

あると便利なスキル

  • 体力増強レベル3
  • ガード性能レベル5(ガンランス)
  • ガード強化(ガンランス)
  • 砲術レベル3(ガンランス)

体力増強レベル3を発動させることにより、体力ゲージの上限を200まで上げることが可能。

歴戦王は通常の歴戦個体よりも、さらに攻撃力が上がっているため、強力な攻撃を受けると一撃でダウン…なんてことも普通に起こります。

少しでも事故を減らすために、体力は常にMAX近くを保つようにすると良いですね。

あとのガード系のスキルは、ガンランスのいつものやつです。

ガード強化でブレス系の攻撃もガードできるようになるのでおススメ。

装備例紹介

上記のスキルを組み入れた対歴戦王ヴァルハザク用の装備を組んでみました。

  • 頭:ギルドクロスアクセβ
  • 胴:バゼルメイルβ
  • 腕:ゼノラージクロウβ
  • 腰:ゼノラージスパインβ
  • 脚:ゼノラージフットβ
  • 護石:鉄壁の護石Ⅲ

武器はいつものガイラバスター水です。ホントどのモンスターでもこれ担いでればなんとかなる。

【MHW】拡散レベル4の万能ガンランス「ガイラバスター・水」をGETしたよ!

2018.05.07

発動スキルと装飾品はこんな感じです。

砲術珠3つがかなり厳しいと思いますが、無くても全然倒せます。

砲撃の切れ味消耗を抑えるために、ゼノ防具3か所で業物も発動させています。

立ち回りについては、ガイラバスター水の場合、歴戦キリンとほとんど変わりません。というかどのモンスターでもあまり変わらないw

ガード→突き+砲撃→ガード・・・を繰り返すだけです。

【MHW】歴戦キリンをガンランスで安全に早く討伐する方法(歴戦王キリンも対応可)

2018.05.18

また、ヴァルハザクは火属性に弱いので、他のモンスターよりも砲撃で与えるダメージが増えるのもガンランスの良いところですね。

動きもキリンに比べて遅く、慣れれば分かりやすいので、竜撃砲や竜杭砲を当てるチャンスも多くあるでしょう。

他の古龍と比べても対策はしやすい方なので、是非ともウルズγシリーズとデスギア重ね着をゲットしよう!

それでは、楽しいハンターライフを!あぽとらでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です