「スーパーマリオオデッセイ」は箱庭マリオが好きなら絶対買うべき完成度!

こんにちは!久しぶりにスーパーマリオシリーズに帰ってきたあぽとら(@t_apotora)です。

今回は、シリーズ最新作「スーパーマリオオデッセイ」をプレイしましたので、ネタバレがない程度に感想などをご紹介。

結論から言うと、昔の「スーパーマリオ64」などの、いわゆる箱庭マリオにはまったことのある人には、是非ともおすすめしたいタイトルです。

ストーリー

マリオシリーズのストーリーは基本的にクッパがピーチ姫をさらってうんたらかんたら・・・っていうのが定番ですが、今作もそれを踏襲しています。

クッパはピーチ姫と結婚式を上げるために、世界中の国を回り、指輪やウェディングドレス、ケーキなど、ひととおり必要な品物を奪っていきます。わりと段取り良いんですよね、クッパ。

マリオは、ピーチ姫と一緒にさらわれた、帽子の国のキャッピーの妹を助けるため、クッパを追いかけて世界を旅します。

ゲームシステム

正統派3Dマリオ。広大な箱庭フィールドを縦横無尽に駆け回り、パワームーンというアイテムを集めていきます。

私の世代だと「スーパーマリオ64」を大幅にパワーアップさせたようなゲームというのが分かりやすいでしょうか。

操作も当時のままの感じでほぼいけます。

パワームーンは、昔のスターの代わりみたいなもんです。

今回、特徴的なのは帽子(キャッピー)を飛ばして、敵を攻撃することで敵をキャプチャーし、マリオが変身できる点です。

カービィのコピー能力と良く似ていますね。

実際、ゲーム中では、このキャプチャーを使いこなさなければ突破できないポイントがたくさんあり、今作の柱となるシステムと言えるでしょう。

スポンサーリンク

良い点

ここからは、私がスーパーマリオオデッセイをプレイして良かったポイントを挙げていきます。

グラフィックが美しい

これについては、昔のスーパーマリオ64の頃の思い出が強く、それと比較してというのもありますが、ニンテンドースイッチで美しく表現される世界は、歩いているだけでも飽きることなく遊べるレベルです。

スーパーマリオオデッセイは、色んな世界をマリオが旅するというのが一つのコンセプトとなっていますが、実際に旅行している気分にさせてくれるようなフィールドがたくさんあります。

プレイ中はいつでも写真を撮ることができ、自分のお気に入りの景色やシーンをアルバムに残すことができます。

これだけグラフィックがきれいだと、色んなところで写真を撮りたくなってしまうこと間違いなし。

細部まで作りこまれたフィールド

マリオシリーズは、フィールドのギミックや作りこみがしっかりしていますが、今作は特に気合が入っています。

フィールド自体もかなり大きいうえに、非常に細かいところまでしっかり作られています。

世界の至る所に散りばめられた数々の仕掛けは、プレイヤーの好奇心をかきたててくれるでしょう。

初心者にもやさしい設定

これもマリオシリーズにある程度共通していますが、ゲーム自体の難易度はそこまで高くありません。

当然、ストーリーが進むにつれ、難しいダンジョンなども出てきますが、ある程度慣れれば普通にクリアできるレベルです。

また、各フィールドにはマップが用意されており、現在地を簡単に確認することができます。

さらに、ゲームが苦手な人でも、より簡単にプレイできる「おたすけモード」も用意されているので、3Dマリオが難しいと感じる人は活用してみるといいかもしれません。

悪い点

個人的には、ほとんど欠点らしいものはありませんでした。

あえて挙げるなら、国から国への移動がもう少しスムーズだと嬉しかったかなと。

それから、パワームーンを集め続ける作業が、人によってはめんどくさいと感じることがあるかもしれません。

私は新しいことを見つける作業が好きなので、全く苦になりませんでしたが。もちろん、全て集めなくてもゲームはクリアできます。

まとめ

総評としては、かなりいい作品に仕上がっているのではないかと思います。

特に、最近のマリオシリーズにはなかった自由に冒険できる楽しさが存分に味わえます。

スーパーマリオ64にハマったことのあるプレイヤーなら、相当楽しめる作品と言えるでしょう。

ニンテンドースイッチ買っといて良かった・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です